アラート

設定した気象条件に達すると通知を行う

機能説明

全国約1,400箇所の気象データから得られる温度・雨量・風速のデータから、設定した積算値または一定値の気象条件に達すると、通知を行う。

通知された内容はダイレクトチャットで確認をすることができる。

運用イメージ

設定のポイント

1.積算値:計測開始日からの日々の気象データの累計値です。

例)トマトの開花日からの積算温度が1000℃に達すると通知をする。※収穫日の目安

2.一定値:気象データの観測値です。

例)気温が15℃以下になると、暖房を焚く必要があるので通知をする。

3.積算基準値:設定した基準値を超えた日のみ気象データを積算する。

例)気温25℃、積算基準値20℃の場合、5℃( 25℃−20℃)を積算する。

4.補正値:観測地点との差がある場合に補正ができる。

例)観測地点より畑が1.5℃低いという場合は-1.5を入力する。

運用例1)積算温度1000℃に達すると通知をする

運用例2)気温が10℃以下になると通知をする

機能説明の内容はPDFでもご覧いただけます

MENU